休日電写

流し撮りが大好き!

旧車のスハネフ14と新車のキハ260-1323-それぞれの道

1565 views

まず最初に。
旧車のスハネフと書いたけど、どうしてもキハ260-1323と対比したく使った言葉。
はまなすで見ていた車両はとても味があり、輝きがある車両。
馬鹿にしていないので、そこだけは勘違いしないで欲しい。

旧車

今朝、札幌運転所で見かけたスハネフ14 551とスハネフ14 552。
パネル、そして行き先表示が取り外されていた。
止められている場所がとても中途半端で、今すぐにでも移動しようとしているようにも感じてはいた。

旭川に向う為、3161Mで通過した時は、もちろん試1191の時間より前でありその姿はなかった。
しかし、帰りの8064Dからは、そのなかった青い客車が2両増えて留置されていた。
スハネフ14 551とスハネフ14 552かはわからないが、確実に朝より2両『青い客車』は増えていた。
苗穂運転所付近-オハネフ257 オハネフ25 3 オハネ24 5022016年3月23日に移動された車両。
ムダに入換えされていなければ、オハネフ25 7、オハネフ25 3、オハネ24 502と思われる。

さらに左。
オハネ24 501。
苗穂運転所付近-オハネフ257 オハネフ25 3 オハネ24 502 お座敷列車その奥には、お座敷列車が5両で連結されていたが、反対側には運転台の車両は付いていなかった。

さらに札幌方に進むと増えた客車2両の姿。
苗穂工場付近-スハネフ14 スハネフ14 551待機中のニセコライナー3952Dの陰に隠れてこの位置から確認は1両。

振り返りで撮り、2両と確認。
苗穂工場付近-スハネフ14 スハネフ14 551

場所は昨日4両は苗穂運転所。
この2両は苗穂工場に思えるけど・・・違う?

時間がある時に、しっかりと確認したいね。

新車

廃車される可能性が高い車両もあれば、営業運転を開始した車両もある。
ただ、31Dを見たわけではないので、31Dなのか37Dなのかはわからない。
多分、31Dからの営業運転開始の方が確立は高いけど。

札幌駅で乗り換え、手稲駅で降りる。
ちょうど向かいのホームに札幌駅へ向かう、37Dが待機中。
新しくて綺麗めな車両に入った番号は、キハ260-1323。
2月14日に入った客車4両のうちキハ260-1323が最初に営業運転を開始したようだ。

スーパーとかち7号の編成

  1. キロ261-1104
  2. キハ260-1104
  3. キハ260-1323
  4. キハ260-1205
  5. キハ261-1205

キハ260-1104 スーパーとかち

キハ260-1323-スーパーとかち

キハ260-1205-スーパーとかち

なんか面白いね。
1日にそれぞれ反対のレールを進むなんて。

2016_03_24
撮影:苗穂駅付近・手稲駅

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

>