休日電写

流し撮りが大好き!

風邪をひいてダウン2日目-北斗4号について

1350 views

風邪でダウンの2日目。
今日も外出できず。
風邪をひいて熱が出て体の節々が痛くなっても撮りに行きたいウズウズは収まらない。
風邪よりたちの悪い病気にもかかっているみたい・・・。

体調の変化

熱の出始めが年明けの2日夜。
37.4度まで上がり風邪薬を飲んで寝る。
3日は微熱のなか急行はまなすを撮りに行き、そのまま2時間ほど外へ。
夕方も37.4度の微熱が続いていた。

4日朝の体温は37.6度。
仕事始めの為休むわけにも行かず出勤するが、顔色があまりにも悪かったのか早退させられる。
その後病院へ行き、インフルエンザの検査。
結果は『-』で問題なし。
熱は37.5度~37.8度を行ったり来たり。

5日は朝の時点で37.6度の熱。
一日中寝ていたが、15時くらいから熱が38度を越えた。
20時頃には布団にもぐっていても悪寒で体が震えていた。
こんなのはホントに久しぶり。
最高体温、38.8度。
完全に頭がボーっとし、自分で何をして何を言ったか覚えていない。
特に変な事は言ってはいなかった様だが・・・。

6日(今朝)の体温も37.6度。
昨夜の高熱の事もあり、朝から病院へ。
再びインフルエンザの検査をしたが、今回も『-』
4日とあわせて計3回検査の棒を鼻に入れられた・・・。
その他血液検査とレントゲンを撮って来た。
数値に異常はなく、軽い喘息らしい。
症状も回復に向っているとの事。

今は熱もだいぶ下がり、37.0度を行ったり来たり。
新年早々嫌になる。
でも、インフルエンザではなくて良かった。
これで子供にうつしてしまうと、すぐに悪循環の出来上がり。
それこそ撮りに行くどころではなくなってしまう。

風邪<写真

それにしても、風邪をひいて外に出れないのはキツイね。
こんな状態でも撮りに行きたいと思ってしまう。
風邪は薬を飲んで安静にしていれば治るが、撮りたい病は熱が出ても治らない。
むしろ悪化する。

それを紛らす為に他のブログを見に行くと余計撮りに行きたくなるのね、これが・・・。
行けないもんだから、次に見るのはカメラとレンズのページ。
あれいいなぁ~、これいいなぁ~。
欲しいものと欲求だけが増えていく。

そんな訳で今日も当日写真はありません。

北斗4号について

4日記事の北斗4号が気になる件でコメントいただきましてありがとうございます。
12月11日頃までは教えていただいたとおり、北斗4号は札幌運転所から7時17分頃札幌駅に到着で回送されていました。
桑園側からの入線北斗4号(07時17分頃)
北斗4号-総縁側から入線

ただ翌週の12月15日の、7時4分には10番線のもう一つ奥に停車しているのです。
10番線の発車案内は、539Mの北海道医療大学行き。
北斗4号10番線奥に停車中

そして、7時9分頃一度東側(苗穂側)へ出発し
北斗4号-苗穂側へしばらく停車。
北斗4号-停車中7時17分頃に5番線へ戻ってくる。
北斗4号苗穂側から入線

そして、7時30分出発。

手稲駅を7時03分に出発し7時17分に到着するとし、手稲駅→札幌駅間は約14分。
上の確認時間である7時4分に到着してるとして、14分前の6時50分より前に出発すればこの時間までに到着できる。
ただし、この時間帯の手稲-札幌間は、新千歳空港行き3856Mと江別行き129M、さらにはスーパーおおぞら1号の回送が走っている。
その為この時間帯に手稲駅を出発するのは難しい。

では、それ以前の時間帯はどうか?
土・日曜日は、急行はまなすを撮りに6時10分頃からいつもの場所でスーパーおおぞらまで見ているが、北斗通過は見てはいない。
となると、12月15日頃から北斗4号は、札幌運転所からは来ていないのかな・・・と、思った次第。

ではどこから?となると、やっぱり苗穂工場から来ているのが一番可能性として高そうだけど・・・。
もっと早い時間帯からスタンバイ・・・?
駅に泊まりは一番なさそう。
という変なモヤモヤが出てしまったのです。

なお、2016.01.05と06の北斗は見ていないため、通常通り札幌運転所から来ているかもしれません。
そうだった場合、考えられるのは臨時北斗の影響なのかな?

写真は全て過去(12月中旬)のもです。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

>